保証書や整備記録書はしっかりとっておこう

保証書や整備記録書はしっかりとっておこう

保証書や整備記録書はしっかりとっておこう

車の買取査定をしてもらう時に、取り扱い説明書や整備記録書、カーナビやオーディオ類などの保証書をきちんと保管できていると、査定はプラスになります。
しかも意外なほど大きくプラスになる場合があります。
取り扱い説明書などはインターネットからでもダウンロードができるものもありますが、あくまでも新車購入時に付属されているものであることが重要です。

 

整備記録書も、その車の整備状況が把握できるため非常に大事で、これがきちんと完備されていれば査定士も車の状態を査定しやすくなるために印象もとても良くなります。
大事に乗ってきた車というアピールにもつながります。

 

カーナビなどの電装品の保証書も、例え保証期間が過ぎていたとしても正規品の証となるため、きちんと保管しておくといいでしょう。
査定士は車の外観よりもこうした書類を最初に確認することが多いことからも分かるように、これらを一式きちんと揃えておくと大きなプラスポイントになります。